注意点があります

draw picture on computer

内職で何を気を付けるか

主婦が内職をする際に注意すべき点は2つあります。まず1点目は内職にかける時間に見合った給料を貰える仕事を選ぶことです。家事と仕事の時間の兼ね合いを考慮した上で自宅で出来る内職を選ぶわけですから外で短時間のパートをするより時給が低ければ意味がありません。よって時給換算した際に給料が高くなり、効率良く稼げる仕事を選びましょう。2点目は扶養の範囲を超えて稼がないようにするということです。主婦が旦那さんの扶養の範囲を超えて稼いでしまうと保険や年金など出費が増え、手取りが減ってしまいます。すると結局あまり稼げないということになってしまいます。なので内職をする際は扶養制度をきちんと確認するようにしましょう。

内職の今とこれから

内職の正式名称は家内労働者と言われており、特別な技術は必要なく好きな時間に出来るのが特徴です。それ故男女比率ではほとんど女性が占めています。また、年齢的に見ると30歳から70歳くらいの方が幅広くされており、皮革製品の製造が一番多くされています。逆に20代で内職をしている人はあまり居ないのですが、パソコン関係になってくると20代の人が多く含まれます。これは時代の流れと共に若い人たちがインターネットを通してさまざまなビジネスに参加しているという象徴ではないでしょうか。これからはパソコン1台、スマートフォン1台があればどこでも好きな時に稼げるという内職が流行るかもしれないので内職で稼ぎたいのであればITスキルを見に付けると良いでしょう。